疲労でダウン!する前に。

肉体的・精神的な疲れ、甘く見てはいけません。

プレッシャーを感じやすい看護師

多くの夢を描いて看護師と言う職業に就いたものの、実際に働いてみると思ってた以上にハードだったと言う人も少なくありません。そのため、特に新人看護師が離職すると言った事は良くあります。新人看護師が働き始めて悩まされるのが、同期との比較です。仕事を覚えるスピードや要領の良さで比べられる事が多く、同期の中でもそれらが悪いと先輩看護師からレッテルを貼られてしまいます。それらが大きなプレッシャーとなり、仕事を続ける事に困難さを感じるようになるのです。
プレッシャーを感じ過ぎてしまうと、疲労やストレスを大きく感じるため体にさまざまな症状が出てくる可能性もあります。看護師になるためにはまず、それらのプレッシャーに耐えられるように事前に対策を取っておく必要があり、もし大きな壁にぶちあたった時にはどのような対処をしたら良いのか事前に考えておくと良いでしょう。
そして仕事をしていく上でどうしても同期と比較されるので、同期をライバルとして見てしまうと言ったケースが多いです。それはそれで自分を成長させるためにも必要な事ではありますが、同期と仕事を一緒に行い仲間意識を持つと、お互いに思っている事を言い合える関係になってストレスを上手く発散させる場を作る事も可能になります。そのため、同期は敵として見ないで自分が成長していくために必要な人として、上手く付き合っていくようにしましょう。看護師は精神的にも肉体的にもハードな仕事ですので、しっかりと自分の意思を持ち長く働いて経験を積んでいく事が大切です。